はじめての方はこちらから
学生水上スキーの最も中心的役割を担っている、全日本学生モーターボート・水上スキー連盟(Japan Collegiate Water Ski Federation /J.C.W.F.)は1956年に行われた第1回学生水上スキー耐久レースを皮切りに1957年に関東学生連盟として発足。以後、大学対抗水上スキー競技会を経て1961年より全日本学生水上スキー選手権大会(インカレ)として大学日本一をかけた学校団体戦の主催連盟として現在に至っている。  また同大会は1994年より大会名誉総裁として桂宮宜仁殿下をお招きし、宮杯を賜っている。  J.C.W.F.としては全日本学生選手権大会の他に、学生個人シリーズ戦であるチャンピオンシリーズや連盟登録2年未満の選手を対象とした新人戦などを開催し、日々学生水上スキーの発展をささえ、若き水上スキーヤーの世界への飛躍を促進している。  その展開の一環として2000年にアメリカの学生選手権大会への選手派遣をはじめ、2002年に中国・天津で開催されたI.W.S.F.公認国際大会である第1回世界学生水上スキー選手権大会へ学生日本代表チームを派遣し優秀な成績を収めている。



本連盟は、昭和32年関東学生連盟として発足し、現在、日本水上スキー連盟に所属する唯一の学生水上スキーの連盟です。 その目的は、学生の行なう水上スポーツの健全なる発展と体位の向上、海事思想の普及不を図ることにあり、この目的を達成するため、現在12校の加盟校により、次の事業を行なっています。


学生の行なう水上スポーツの普及・発展を図るために必要な指導
・学生の水上スキーに関する規則の作成
・学生の行なうモーターボート及び水上スキーの競技会の開催
・全日本学生水上スキー選手権の競技の開催
振込名称記号の一覧