はじめての方はこちらから
スラローム競技

スラローム競技とは、段々条件を厳しくしながら、いくつブイを回れるかを競う競技である。水面に6個のターンブイを浮かべ、ボートはその真中を直進し、スキーヤーが最初の2個のブイによるゲートを通ったあと、6個のブイの外側を通り、出口ゲートを通ることに成功すればクリアーとなる。クリアーする毎に条件を厳しくして合計いくつのブイを通過できたかを競う。  条件を厳しくするというのはボートの進入速度をクリアーする度に上げ、また速度が58km/h(女子は54km/h)の最高速度に達すると、ロープの長さを縮めていくことである。


トリック競技

トリック競技とはファーストパス20秒間、セカンドパス20秒間、計40秒間の内にどれだけ多くの難易度の高いターンを決めることができるかどうかを競う競技である。演技にはそれぞれ得点が決められており、行われた演技のうち、基準に達しているものを審判が合計していく。同じ演技を2度行っても得点は1度しか与えられない。


ジャンプ競技

ジャンプ競技とは、水面に浮かべられたジャンプ台を使って空中へと飛び出し、その飛距離を競う競技である。飛形点はなく、着水地点をビデオ飛距離測定装置によって計測し、その飛距離で勝敗を決める。着水後、滑走することができれば初めて成功ジャンプと認められる。3回のジャンプを行い、最も飛距離の長いジャンプがその選手の記録としてクレジットされる。  現在、滑走面が長いジャンプ台を使用し、牽引速度を通常より早くしより長い飛距離を競う「スキーフライング」という競技もある。


ウエイク


水上版スノーボードといったようなものである。水上スキーと同じようにモーターボートで曳航し水の上を滑るスポーツである。 水上スキーとサーフィンを足したようなもので、一枚のスキーを横に乗り、モーターボートで出来る波を利用してジャンプやスラロームで技を競う。
振込名称記号の一覧